毎日を、たのしもう。
abicatt.exblog.jp

あびぃワールドへようこそ♪猫・雑貨・グルメ・時々建築なゆる~いブログです。。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
ライフログ
最新のトラックバック
心と生き方を磨く名言
from 心と生き方を磨く名言
心と生き方を磨く名言
from 心と生き方を磨く名言
くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
オーダーの品 ④
from アクセサリーと雑貨のお店 g..
三徳山 三仏寺 投入堂(..
from ShopMasterのひとりごと
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:建物/町並み( 76 )
寺泊・出雲崎の町並み
え~~、建築に興味ない人には苦痛の記事が続いておりますが。。
新潟シリーズ最後となりました。。もうしばらくお付き合いくださいませ(笑)
新潟到着の日に行ったおさかなのまち、寺泊港付近から、一本山側の通りを西に走ると、独特の風景が広がっています。
寺泊は新潟県の中部、出雲崎町の中心部から北東約15km日本海に面した海岸沿いに位置しています。寺泊は中世を通じて、北国街道の要地であり、佐渡渡海や上杉氏の軍用物資の移出入の湊町として発展してきたが、時代が下るにつれて、寺泊に代わり出雲崎がその任に当たるようになってきた。

切り妻造り妻入り、板張りの町並みで、間口が狭く奥行きが長いのが特徴。
人口密度が非常に高かったため、道に面した長さで課税されていたようでこういう町並みになったようだ。
道側に妻面が見えてますが屋根が結構前に出ているので、なんとなくアンバランス^^;
しかも、曇天で雪だらけなのに、この時だけ青空!
d0060166_1850743.jpg
家と家の間は、ぜんぶ水路があって、屋根から落ちてきた雪解け水がここから流れていくようになっています。
d0060166_1851345.jpg
気になった建物を載せてみる。
これ、ちょっとかっこよかったのでパチリ。段々になってて、奥に行くほど高く
d0060166_18501652.jpg
妙に洋風。。。
ずっと歩きながらみていたけど、不思議に思ったのは、塗装の色がピンクやオレンジが多い。
どこもだいぶくすんでいるのでここが一番綺麗だったから撮ったけど、、べんがらにしてはピンクすぎる。なんの色素なんだろう?昔からこうなんかなあ。最近の建った家はサイディングや鉄板みたいなので板張りを保護するなにかなんだろうけど・・詳しい情報乞う。。。。
d0060166_18502699.jpg
d0060166_1850354.jpg
長い方向に2軒分あると思われる。。。。こっちの道路と向こうの海側と通り抜けできそう。。
d0060166_18504340.jpg
おまけ。
見た瞬間、ちょっと笑ってしまった。板のカーブなりに字かいてるから(笑 やるなぁ(?)
d0060166_18505129.jpg

[PR]
by abi-catt | 2006-03-17 19:11 | 建物/町並み
サンカクの茶室 三楽亭
豪農の館 北方文化博物館てところの、伊藤邸。ここも、笹川邸と同様、農より身を起こして豪農になる。。明治15年から8年かけてつくられ、敷地は8800坪、建坪は1200坪、部屋数は65を超える純日本式住居。登録有形文化財です。。
敷地内には、新潟の古民家や、茶店、考古資料館、、なぜか西門近くにはレストランや地酒館、ガラス工房があります(爆)

メインの建物は、資料館のようになっていて、当時使っていた家具や道具などが展示されていた。
広すぎてよくわかんない(爆)
d0060166_18304271.jpg
それよりも気になった、三楽亭という茶室。茶室兼書斎のようです。
d0060166_18305217.jpg
あしもとは、無双窓になっていて、開け閉めができます。無双窓は、スケスケの板戸が2枚入っていて、ずらすと開いたり閉まったりする開口部。
冬は閉じてるんじゃないかな。多分。この写真では開いてるけど。さむいだろうに(笑)
d0060166_18312914.jpg
マジ、三角。。。。
d0060166_1831119.jpg
タタミもいびつです(笑)
d0060166_18311119.jpg
柱もいびつです(笑笑)襖の縁もナナメなんだろうなあ。
d0060166_1831205.jpg
中には入れなくてガラス越しだったけど、ほんとかわった茶室。
大工さん泣かせや(笑)
[PR]
by abi-catt | 2006-03-17 18:45 | 建物/町並み
旧笹川家住宅(笹川邸)新潟市味方
旧笹川家住宅は、江戸時代に旧村上藩の大庄屋を努め、味方組八ヵ村を支配していた笹川氏の旧屋敷です。約六千坪の敷地に大小十数棟が建ち並ぶ。表門から広い芝生の前庭をはさんだ役宅は大名屋敷風でとても立派です。建物は国指定重要文化財に指定されています。
大庄屋制は、徳川封建時代の制度で、主に戦国時代の剛士が任命され、村々の庄屋を統治し、年貢の取立て、命令の伝達、治安、警察、裁判の権利を与えられていました。
d0060166_1911812.jpg
この門は1570年ごろ建築。
d0060166_1912818.jpg
土間から広間を見る。。どこまでも部屋!!!庭が遠いよ^^;
d0060166_191356.jpg
囲炉裏の間の小屋組。太い松の梁が、何重にもなっています。囲炉裏の煤で真っ黒。
d0060166_1914493.jpg
廊下の上の明り取りがナナメになっていて、変わってる~。
もともと濡縁で、あとから囲ってあるような感じ。もしくは、ここに雨戸があったとか。
d0060166_1915351.jpg
外から。
d0060166_192024.jpg
二階のどっかの部屋の床の間。丸い棚がすごい!戸も丸い。右側の戸縁はナナメになっています。もちろん、円弧状に開きます。
d0060166_192873.jpg
とにかく広いです。。。米どころの庄屋さんは違うな~~
d0060166_19205556.jpg
アクロバティック!!!!
d0060166_1921646.jpg
奥土蔵に続く途中もアクロバティック!この向こうに下屋があって、その桁がこっちまで出てきていて、それに手前から来ている廊下の屋根が乗っている。。
ちょっと新しそうなかんじだから後で屋根つけたんかな。。
d0060166_1922447.jpg
いや~~、豪農ってすごいね・・
同じ敷地内に、曽我・平澤記念館というのがありますが、なんとなく載せないw
なんか、関係ないやん 屋敷見にきたんだし~てことで。。
[PR]
by abi-catt | 2006-03-16 19:02 | 建物/町並み
新潟のまちって、、、
三条燕の物産館の駐車場なんだけど。。
・・・・・地面から水!!!!!歩きにくっ!w
道路も、縁石から水出てんの!かるちゃーしょーっく!!ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン
d0060166_1536365.jpg
んで、信号が、縦なのーーーー!!(´Д`|||)━━━━━━!!!!
横だと、雪が積もるから、らしい・・確かに。。
縦でも、積もった雪がしたに落ちて、車に当ったら屋根凹むらしい。。。((;゚Д゚)ガクガクブルブル
信号機や看板のしたには停まらないようにきおつけよぉ~
ジモティに、何にも知らない県外人め、と思われます。
d0060166_15364611.jpg
少し郊外に出るとどこまでも田んぼ!!!流石に米どころ、規模が違~う
d0060166_15365851.jpg
d0060166_1537742.jpg

[PR]
by abi-catt | 2006-03-15 15:47 | 建物/町並み
長岡に行く前に・・寄り道 寺泊町。。
休憩しつつ、寺泊町というところに到着。。寺泊町は合併して長岡市になったそうです。
「魚の市場通り(通称:魚のアメ横)」というらしい(笑)沢山の海産物屋さんが並んでいます。
d0060166_11325180.jpg
すっごい量のたらばかに!山積みです。。しかも安い。。。
d0060166_1133079.jpg
朝ごはん??に食べたイカの浜焼き。柔らかくて美味!!
d0060166_1133946.jpg
かに汁。味噌仕立てでいい出汁でてます。カニ、一応入っていますが、食べるところはあまりありません(笑)
d0060166_11331843.jpg
鯖の浜焼き。これ、かぶりつくには勇気要るな(笑)てか、できんやろ(爆)
まるまる一匹串焼きにするとは、さすがやなw
d0060166_1133275.jpg
いろーんな貝が。。その他にも、日本海のお魚たちがたくさんありましたが、さすがに生ものは買えないので、あえなく断念しました。うーん。。干物も美味しそうだった。。。。
d0060166_11333671.jpg

[PR]
by abi-catt | 2006-03-14 11:50 | 建物/町並み
3Dファン倶楽部7周年記念セミナーin新潟長岡に行く。
10日の晩、7時半くらいに丸亀の事務所を出て、高松に8時半着。
同乗する方々を乗せ、一路新潟は長岡に向けて出発~~!
d0060166_11274714.jpg
途中の明石大橋。普段は青や水色っぽいような緑のような色だけど、週末なので?ランプの色が白い。
さーて、長岡市まで700kmちょっと。遠いな、と、4人で思った瞬間でした(笑)
兵庫から明石向きのSA構内に、観覧車が出来かけていた。カゴがまだ付いていなくて、ちょっと変な感じでした(笑)
[PR]
by abi-catt | 2006-03-14 11:31 | 建物/町並み
洲本市立図書館(淡路島)
帰りに、洲本市立図書館の見学。
ここは、カネボウの工場跡を利用して、図書館に。H10年に開館。
図書館設計のパイオニア、鬼頭梓氏設計。。
現在の建築基準法ではレンガだけの組積造が造れません。
開口部にはしっかりとコンクリートの補強が入っています。
昔は、レンガ積みが安かったんだから驚き。今じゃしようとおもってもなかなか・・
d0060166_17124248.jpg
門?をくぐるとすぐレンガの広場があります。
d0060166_17125128.jpg
排水口。レンガの敷き分けがとてもキレイです。
d0060166_17134136.jpg
門のあたりと、増築部分。
d0060166_17125931.jpg
見えている、黄色っぽい壁はこんなです。骨材でかっ!小石やん。。2cmくらいあったよ。
しかも刷毛目。どうやってるんかな あとで石押し込んだりしないよね。。^^;
d0060166_1713796.jpg
中庭が見える読書コーナー。とても広々としていて気持ちいい空間です。
d0060166_17131620.jpg
新聞・雑誌コーナー。
d0060166_1713255.jpg
書架は造り付ですが、イスやスツールは北欧デザインといえばこの人、Hans J. WegnerのYチェアやイージーチェア、名前わかんないけどCH47、E.Larsen/B.Madsenのスツールがそこかしこに。
北欧贔屓なあびぃには、かなーりポイント高いですw
d0060166_17133377.jpg
なーんか、とってもゆったりまったりな図書館でした。
いいなあ、こういう図書館市内にあったら入り浸るだろうに。。。
[PR]
by abi-catt | 2006-02-08 18:04 | 建物/町並み
神戸港震災メモリアルパーク~人と防災未来センター
次の場所の予約の時間まで間があるので、神戸港震災メモリアルパークを散策。
崩れた波止場をそのまま残し、散策できるようになっています。
地震のものすごいエネルギーが伝わってきます。
d0060166_16571592.jpg

兵庫県立美術館の広場を挟んで西に、「人と防災未来センター」がある。
思いっきりガラスのハコだ・・・・ちょっとコンセプトとズレてない??
ここからは見えませんが、別の壁に1.17と大きく書いてあります。
d0060166_1647568.jpg
内側ホールから見上げる。・・・暑そうwだけど、まあ、建築的にそれなりに処理しているような風に見えるので、大丈夫かな。
d0060166_16471693.jpg
中は、ほとんど撮影禁止だったので、写真撮れませんでしたが。
地震で壊れていく街を再現したシアターや、地震直後の状態を再現したジオラマ(じゃないな、等身大だもの)や、被災者のメッセージなどの展示、情報センターなどがあった。
シアターは、、ヤバイ。
あの時精神的に参っていた被災者は倒れるかもしれない。あの映像と光。。
弱っている時には行かないほうがいいかも。。
あ、ミュージアムショップに、防災頭巾(アルミの)や、非常用持ち出し袋売ってましたw
さすがやww
なぜかわからないけど、宇宙食も売ってたしwおさかな氏が購入ww
バナナ味のは、かなりいけてなかったらしい(爆)
[PR]
by abi-catt | 2006-02-08 17:05 | 建物/町並み
兵庫県立美術館
アップするのがだいぶ遅くなってますが。。
1/28に、香川建築士会中讃支部の日帰り旅行、神戸周辺散策バスツアーに参加した。
旅行代理店も入っているので、ふつーに参加者としてバスに乗っていけばいいので、とっても楽w
兵庫県立美術館は、灘から南下し、阪神高速を越えたあたりにある「HAT神戸」のウォーターフロントに位置する。
安藤忠雄氏設計。構造は、SRC造で免震構造になっている。地上4階、地下1階。
ここらあたりには、建設中に来たことがあって、そのときは外の石張ってました。
まわりにはなんにもなくて、だだっ広い埋立地のなかに、ぽつりぽつりと県営住宅や市営住宅が建っていた。今はヤマダデンキやらレクサスやら、なんだかわかんないド派手なショッピングセンターが出来ていて、とてもにぎやかです。
d0060166_162038100.jpg
海側からみたところ。大きな庇が特徴的。
d0060166_16205083.jpg
ぐるぐる回った中で、一番気に入ったポイント。
円形の階段が気合入ってます。
ってか、ここ、めっちゃ広い。観るのタイヘン。。。。。
d0060166_1621050.jpg
メインの?ブツを見に、展示物搬入庫にある床の点検口から地下に。。
d0060166_16284517.jpg
配管に頭ぶつけそうになりながら奥にいくと、結構広くなっていて、どーーーーん!と、これでもか!と言わんばかりに、並んでいる免震のための装置達が。。
d0060166_16211120.jpg
一番左のが、ずれを復帰させる(らしい)バネ状の装置。
真ん中のが、ニュースや特番なんかでたまにみる、免震層 分厚い柱状のゴムでできてます。
右のがよくわかんない。くねっとなった形が全部同じ方向をむいて並んでいます。
なんだろう(?_?)誰か教えて。。。
なかなかにそれぞれおもしろい形をしている・・・w
d0060166_16212136.jpg
震災後、しかもこの地域に、というだけあってなかなかにすごい。
いいもの見せてもらってよかった。
[PR]
by abi-catt | 2006-02-08 16:44 | 建物/町並み
旧JR大社駅駅舎
旧JR大社駅駅舎です。出雲市駅~大社駅までの7.5km、3区間の路線。
特定地方交通線の第3次廃止対象線区に指定されたのを受けて、JR移行後の平成2年に廃止されました。
この地方独特の黒瓦と白壁木造大社造り。
伊藤忠太設計。。。社寺建築をそのまま駅舎にしてしまった感満載です。
初代駅舎を大正13年に建て替えたものです。
d0060166_18425344.jpg
中の観光案内所。うーーん立派。。。
d0060166_1843325.jpg
ホームです。ホント、そのまんま残っているかんじ。
殺風景というか殺伐とした今のJRの駅とは違っていい雰囲気です^^
d0060166_18431139.jpg

[PR]
by abi-catt | 2006-02-01 18:57 | 建物/町並み