毎日を、たのしもう。
abicatt.exblog.jp

あびぃワールドへようこそ♪猫・雑貨・グルメ・時々建築なゆる~いブログです。。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
ライフログ
最新のトラックバック
心と生き方を磨く名言
from 心と生き方を磨く名言
心と生き方を磨く名言
from 心と生き方を磨く名言
くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
オーダーの品 ④
from アクセサリーと雑貨のお店 g..
三徳山 三仏寺 投入堂(..
from ShopMasterのひとりごと
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:建物/町並み( 76 )
北の街は、
札幌付近の街だけなのか、道内全域そうなのかはわかりませんが、家の屋根が変わってる!
激ブレでスマソm(__)m
d0060166_19401621.jpg
瓦屋根だと凍結するので、板金屋根なんだけど。形が。。。。。
最近建った感じの住宅は普通に切妻や寄棟のもあったけど、全部金属板葺きでした。しかも、とってもカラフル!青や赤、茶色。古そうな家やお寺でも屋根はピカピカです(笑)
この不思議な折れ曲がり具合がなんともいえない。
窓は2重サッシ。どの家にも煙突がついています。
誰かに聞いたんだけど、北海道の家って、クーラーないってほんと??
d0060166_19404888.jpg
信号は、もちろん縦。雪国仕様ですな(笑)
千歳郊外の道なのですが、道路の幅を示す赤白しましまの矢印が上についています。
雪で埋まるんだろうか^^;
d0060166_1957990.jpg
札幌市内のマンホール。
時計台の周りを鮭が二匹泳いでいます。
何処行っても思うけど、ものすごくベタやな。。
d0060166_19572011.jpg

[PR]
by abi-catt | 2006-05-29 19:47 | 建物/町並み
佐柳島の町並み
d0060166_20531597.jpg前々から気になっていた島、「佐柳(さなぎ)島」に行ってきました!
こーんな感じの島。
周囲6kmくらい。人口は160人程度。港は2ヶ所。
佐柳島には、多度津港から、高見島を経由している小さいフェリーで行きます。
島南(下)の本浦港と、島北(上)の長崎港があります。
本浦港で下船し、散策しました。

所要時間約50分。
一日4便!!うーん。。。

目的は。。。
もちろん猫(爆)
以前エントリーした、大田昭生氏の写真展「神々と猫が住む島々」@宮武画廊を見つけてから、これは行かなきゃ、と心に誓った(笑)

島には、長屋門のような民家がたくさんありました。壁は、焼き杉板。
門からちょっとのぞいた限りでは、この内側に前庭、母屋があるようです。。
この地区では、どういう背景でこの形態になったんだろう。
気になります。長屋門、けっこう好き。
d0060166_20532516.jpg
長崎地区は、人がすれ違えるかどうかくらいのほそーーーい路地がたくさん。うーん すごいところだ~。。
d0060166_20533428.jpg
小高いところからの町並み。家々がひしめき合ってます。。
d0060166_20534163.jpg
佐柳島には土葬で、埋め墓と拝み墓と別になっている両墓制の墓地があり、県の有形民族文化財に指定されているそうです。
土葬っすよ。。。^^;なんか写ってそうだなあ(爆)
お墓はすべて西に向いています。
d0060166_20535980.jpg
とっても不思議な感じ。。。
この大きさだと人埋まってそうだけど、ものすごく小さいのもあった。。
そのへんの石積んでる感がなんとも^^;;;
d0060166_2054885.jpg
島の裏側(図の左側海岸)。
玄武岩の六角柱状節理という、結晶?の形がみえている岩。
亀の甲羅みたいで面白い。
ここまでいくの、けっこうきつかった。でも見れてよかった。。。
d0060166_20541595.jpg
本命の猫たちはまた明日あぷしる(笑
[PR]
by abi-catt | 2006-05-11 21:22 | 建物/町並み
ファーム・インRAUMこくりこ
少し前になりますが、愛媛県内子町にある「亀岡酒造」の蔵元に行こう、と珈琲倶楽部のマスター、以前に日本酒の会の主催をされていた松田酒店の主人、珈琲倶楽部での日本酒の会に呼ばれたときに料理をつくっていただいた方等々、日本酒好きの濃ゆいメンバーで出発~
夜、6時ごろ丸亀を出発し、内子へ向かいました。
民宿に泊まるから、とだけ聞いていて、え~~どんなとこよ。。民宿ってたしかなんにも付いてないんだっけ?とかなりな不安を抱きつつ、着いたところがここ。。。。。
この写真は朝撮りました。。夜、真っ暗だったので^^;
森の中!!って感じでとても静か。
「こくりこ」は「古久里来」と書き、ここの奥さんが与謝野晶子のうたの中でひなげしをこくりことよんでいたところから引用?して、つけたそうです。漢字は当て字です。
できてから、10年くらいだそうです。
d0060166_20542648.jpg
宿舎棟。円柱形の建物が2つ、螺旋階段と大きな一つ屋根でくっついています。
d0060166_2054347.jpg
d0060166_20545013.jpg
内部の天井。。。真ん中の明るい丸いところに照明が入っています。
d0060166_20545912.jpg
どこみてもいい感じ!!!気合入ってるわ~窓も木製だし。
このベッド、カバーは一枚ですが、ベッドは別々です。
民宿なので、洗面具はなし。シャワールームが各部屋についています。
d0060166_2055760.jpg
そっとおかれたイサムノグチの行燈もいきてます。
d0060166_20555161.jpg
母屋棟。
不親切な写真で申し訳ない^^;撮るの忘れてます^^;;;
木造で。屋根が円弧状に。遊び心満載。。愛媛の伊予市の設計の方のようです。
d0060166_20562525.jpg
2階部分です。
なんとなく細い気もしないではないけど、梁を表しにしています。
大阪で陶芸をされている谷川雅一氏の作品が飾られていました。
d0060166_20565662.jpg
とても金属っぽい艶・色の食器たち。ちょっとお好みです。。。
d0060166_2057885.jpg
1階の食堂(ていうのかな?)入り口を入ったら広い土間があり、右がカウンター式ダイニングとキッチン、この民宿の御主人・奥さんの住いがあり、左が座敷のダイニングになっています。
民家っぽいつくりでかなり落ち着きます。
d0060166_20573220.jpg
奥に見えるウッドデッキに花が飾られていました。
室内のあかりが写りこんで、まるで満月のようです^^
こういう、ちょっと粋なことできたらいいんだけどな~。
d0060166_20574251.jpg
おまけ。庭にところどころあるアートたち。
全部自然に、周りに馴染んでいる。。。うーん 目指すところだなあ。d0060166_2057542.jpg
d0060166_2058794.jpg
民宿の様子ばっかりで日本酒のこと書いてませんね^^;
西岡酒造のあの博士のような風貌の社長もきていただき、一緒に美味しいお酒をいただきました。。。亀岡酒造の「かみふうせん」ていう、500ml3万円の一番高価なお酒をいただき、皆御満悦でした~^^y
いや~ 美味しかった。。
料理も、民宿の畑で作っている野菜・米で、身体にやさしいものがたくさんでてきましたよ^^
季節のものをたくさんいただきました。
これはまた来なくては。。。。。

ファーム・インRAUMこくりこ
愛媛県喜多郡内子町五百木636
TEL 0893-44-2079  FAX 0893-44-2094
URL http://www.dokidoki.ne.jp/home2/kokuriko
[PR]
by abi-catt | 2006-05-01 21:27 | 建物/町並み
宮脇町の家見学会
日曜に、こまつの木暮らし日記のこまつさん設計施工の「宮脇町の家」見学会に行ってきました。
外観はこんなかんじ。
今では少なくなってしまった焼き杉板の黒がびしっとしています~。
d0060166_10342648.jpg
由良石を敷き詰めた玄関。手前の土色の部分は、三和土(タタキ)。
みんなで叩いてつくったそうです。
d0060166_10345633.jpg
和みポイント。
ここにすわってぼんやり峰山を眺める。いいですね~
ここで、お茶をいただきました。とっても美味しかったです~~^^
d0060166_1035633.jpg
部屋と和みポイントとのとりあい。木製の建具と、折りたたみの網戸と内障子が入っています。
網戸は収納すると内側から見えないように配慮されています。
網戸、普通の引き戸のはあんまりキレイじゃないからすっきりしていいですね。
けっこう大きな開口部ですが、戸がかなり軽い。いい戸車なんだろうか。。
d0060166_10353066.jpg
二階の小屋組は表しています。天井を張るより開放感がある。
うちの事務所もこんな感じで見せているけど、特に暖房の効きが悪いとかいうこともなく、快適です。
雨の音は結構聞こえますが^^;
d0060166_10353869.jpg
ご家族みなさんの手形。。
年月が経って、このときはあーだった、こーだったと話のタネになるんでしょうねえ。
子供ちゃんのまだ小さい手がかわいらしいです。
d0060166_1035473.jpg
おまけ。。。
こまつさんとこの事務員さん?になるのかな、女性の方がいらっしゃるのですが、なかなかセンスの良い方で、ちいさな心使いがあちこちに。
一輪挿しマニアのあびぃの心を鷲掴み!(笑)
d0060166_1036543.jpg
d0060166_10361410.jpg

いや~ いいもの見た。久しぶりにほっと安らぐ住宅を見せていただきました。
すみずみまでこまつさんの性格が現れている建物でした。
こまつさん、おつかれさまでした。ありがとうございました^^
[PR]
by abi-catt | 2006-04-11 10:55 | 建物/町並み
出石の街 おまけ
d0060166_14541252.jpg
よくある月極駐車場なんだけど。ちょっとかわいかったので(笑
歩いている時は感じなかったが、ゆるーい坂道になっているようで、それにあわせてちょっとずつ段になっている。
段も、樋の高さ分くらいしかない。ほんと、ちょっとずつ段になっている。
んで、一つずつシャッターが開いているのもなんとなく面白かった。
番号が、い・ろ・は ではなく、あ・い・うなのもビミョーに面白ポイント。。。
[PR]
by abi-catt | 2006-03-30 14:58 | 建物/町並み
出石酒造の酒蔵
出石の造り酒屋・出石酒造の酒蔵です。
出石の新行事として、酒蔵でのコンサートも行われているそうです。
どんな感じなんだろう~ 音とか、反響具合は違うんだろうか・・とても興味深い。
d0060166_1445037.jpg
このあたりでは赤い土が出るようで、民家の土壁も、香川のと比べてもかなり赤いです。
季節の変化で、土壁の色も微妙に変わるといわれています。
d0060166_14451389.jpg
窓周りは、赤い漆喰のようです。基礎部分?の石がなんとも言えずいい味だしてます。
d0060166_14455318.jpg
現在の店舗入り口。地酒“楽々鶴(ささづる)”の販売も行っています。
d0060166_1446696.jpg
d0060166_14461752.jpg

[PR]
by abi-catt | 2006-03-30 14:52 | 建物/町並み
赤門
旧藩時代ににおいても珍しいものであり、名残を偲んで再建された赤門。
現在の県立出石高校の敷地内にあります。
高校の門かいな、と思わされるような感じで建っていますが、そうでもないみたい。
派手、というわけではないけど、やはり赤い門は目を引く。
d0060166_1427748.jpg
わりと最近塗り替え補修されているような感じです。少し虫食いのあとが見られます。
d0060166_14272626.jpg
いろいろ調べたけど、なーんかあまり詳しく載っていない。。あんまり歴史的に重要じゃないのかな^^;
[PR]
by abi-catt | 2006-03-30 14:42 | 建物/町並み
出石城
出石城上がり口の「登城門」。ここをくぐり、登っていくと出石城があり、山の頂上に有子山城跡があります。
出石城は、慶長九年(1604)に小出吉秀によって山頂の城を廃して築かれたもので一国一城制による但馬唯一の城です。
西門を設け天守閣は築きませんでしたが隅櫓や多門を設けて要害としました。
城主は小出氏が九代、松平氏一代、仙石氏七代と続き、明治の版籍奉還まで二百七十年間、五万八千石の本城として、また但馬第一の雄藩として威容を誇りました。
規模としては、丸亀城くらいかな。京極藩、六万石だったし。
余計にわからんて?スマソw
d0060166_16373472.jpg
「辰鼓楼」です。。。
大手門の一隅にあり、辰の刻(午前8時)に藩主の登城を告げる大太鼓が打ち鳴らされたところ。
形が鼓に似ているところから、この名を残す。今は町のシンボルとして親しまれている。
行った時、丁度一時の太鼓が鳴っていました。どーん、どーん、と響く太鼓の音はなかなかのものでしたよ^^
d0060166_16374763.jpg
辰鼓楼の対面あたりにある、お蕎麦屋さん ほんと、蕎麦屋さんだらけ。。。
ここは、郵便局だったようです。右側の少し飛び出している壁上部に、〒マークが。
d0060166_1638053.jpg

[PR]
by abi-catt | 2006-03-28 16:47 | 建物/町並み
但馬の小京都 出石(いずし)町の町並(兵庫県出石郡)
香川県建築士会女性委員会の研修旅行で、兵庫県の出石の町に行って来ました。。
「おりゅう灯篭」が出迎えてくれます。
おりゅう灯篭は、別称「船着場灯籠」。旧出石川の大橋東詰めにあった船着場の名残です。
昔の出石川は、現在の三倍ぐらいの水量があり、三十石船が行き交い、付近には蔵屋敷、塩蔵などが数多くあり大層賑わっていたようです。
鎌倉時代の悲恋物語の主人公「おりゅう」の名にちなんだもので、現在も、夜になると灯籠に灯りがともるそうです。
d0060166_17193867.jpg
車が通れる、メイン??の道。出石そば屋さんがずらーーっと並んでいます。見えにくいけど(笑)
屋根には、雪止めがついています。山陰って、雪止めついてるな、そういえば。
新潟は付いてなかった。雪止めると量が半端じゃないからすぐに落としてしまうのだろう。
そのぶん、屋根の形は雪を落とす方向考えていたなあ。
d0060166_1720599.jpg
スキーで有名な神鍋高原や、ハチ・ハチ北高原が近いので、ここもたくさん雪が降りそう。
雪国にはお約束の縦型信号。。どうやら、上が赤いらしい。。。。。へぇ~~~
d0060166_17195253.jpg
出石町のマンホール。カラーだ(笑)
辰鼓楼の時計の針が、上水のほうは10時10分で、おすいは1時になってます(笑)
d0060166_17202118.jpg
おすいマンホールには、出石町花のてっせん(クレマチス)の花がかかれています。
てっせんは、毎年6月頃に本覚寺(てっせん寺)で見ることができます。
d0060166_17203198.jpg

[PR]
by abi-catt | 2006-03-27 17:40 | 建物/町並み
4町パティオ広場デザイン(高松市 南新町、田町、常磐町、亀井町)
2005年5月より、高松市4町パティオ協議会が主体となり、行政を協働しながら、まちなかの「4町パティオ広場」をデザインされている。
そのなかの一人、大阪大学大学院工学研究科環境工学専攻 助教授の福田氏からイベントの情報をいただいたので参加した。
他、(有)ハートビートプランが全体コーディネイト、松下電工㈱が夜間環境デザインをされています。
17日~19日開催でした。17日の夜には、夜間環境検討があったようですが、私がここを通りかかったのが夜10時過ぎだったので終わっていました^^;残念。。。
d0060166_11532349.jpg
阪大の学生さんの、MR(ミクストリアリティ)システムの実演。。
まだ試作機なので初公開だそうで。。
誤差3,4cmくらいの高精度GPSで現在地を出し、前面にとりつけられているカメラの映像にCGを貼り込む。カメラの動きにあわせて画面のCGが動く。
これにはびっくり。。現地で、こう変わるんだ、ってのが一目瞭然でとてもわかりやすい。
地面と背景の認識がまだ難ありのようで、これからが期待される。
d0060166_11533195.jpg
左のお子様連れがハートビートプランの泉氏。右の渋いメガネの人が大阪大学の福田氏。
泉氏は、ふだんは大阪が拠点ですがTMO(タウン・マネージメント・オーガナイゼーション)高松に所属されていて、中心市街地活性化のために活動されています。
TMO 4町パティオ事業について
d0060166_11534062.jpg
VR(バーチャル・リアリティ)による景観シミュレーション実演。
プレステのコントローラーのようなのをぐりぐり動かして、自由にウォークスルーできます。
d0060166_11534854.jpg
ケーブルテレビの取材がきていました。

この広場、通称「ポリ裏」と呼ばれていて、商店街側に交番があり、それの裏側がちょっと広くなっている、みたいなイメージで、正直あまりぱっとしない地区。
最近オシャレなカフェや雑貨屋さんが入って、お店的にはいいかんじにはなってきているのだけど、商店街側からは交番があるので意識して入っていかないと見えない。
VRで、交番を取っちゃえ!てボタンがあって、ぽちっとすると一瞬にして消えるw
面白いwww
交番、無人なんだしなくたっていいじゃん、てアンケートででてるそうなので、是非なくして見通しよくなってもらいたい。
「無人」なので。。。。←強調w
d0060166_11535790.jpg

おまけ。。
商店街側で「AKB48」てグループのミニライブが。
丁度寒さに負けてカフェ中に、横に止まったタクシーから女子がたくさん!
手を振ったら、振り返してくれました(*´∀`)ホワーン
d0060166_1154586.jpg
d0060166_11541485.jpg
ギャラリーがちょとコワイ^^;
d0060166_11542262.jpg

[PR]
by abi-catt | 2006-03-20 12:23 | 建物/町並み