毎日を、たのしもう。
abicatt.exblog.jp

あびぃワールドへようこそ♪猫・雑貨・グルメ・時々建築なゆる~いブログです。。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
ライフログ
最新のトラックバック
心と生き方を磨く名言
from 心と生き方を磨く名言
心と生き方を磨く名言
from 心と生き方を磨く名言
くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
オーダーの品 ④
from アクセサリーと雑貨のお店 g..
三徳山 三仏寺 投入堂(..
from ShopMasterのひとりごと
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:建物/町並み( 76 )
草屋根をもつ小屋その1
実家のある市の山奥に、住友林業系の施設で「住友フォレスターハウス」っていうところがあって、山と林業に関する情報展示と仕事について展示してあるのですが、敷地には山野草がいっぱい!!
冠山の登山口(中七番コース)にあって、かなーーーーーり山です。
先月の連休に帰った時にじーちゃんと、とーちゃんと相方の4人でドライブ(笑
大永山トンネルを越えて、どこまでいくねん状態で、もう少しで前にキャンプしたとこらへんだなーってところにあります。
遠すぎて着いたら4時過ぎ。。管理人のおじちゃんがおかたづけしていました。。
建物はおしまいしたから外だけ、って見せてもらいました。

フォレスターハウスそのものも、変わった木造の建物なのだけど、ワタシ的にはこっちが気になります。

若干雑草が目立ちますが。。苔の屋根のドーム状の上屋。
d0060166_21233331.jpg
なかなかの迫力です。
集成材なのがちょっといただけないですが。この大架構と梁せいでは仕方がない。
床は、120角くらいの木材を輪切りにしたのを敷き詰めていました。
d0060166_21234948.jpg
竹炭を焼いている窯がありました。
こんもりしててかわいいです。でっかいカゴのような編んだ竹がおもしろいです。
じいちゃんが興味津々(右端)
d0060166_2124278.jpg
そんな感じでおしまいちゅう中断させといて、ひとおり騒いで帰りましたとさ(笑

この登山口のところに、カタクリが沢山咲くらしい。
山野草好きな方は登山がてらいかがですか
[PR]
by abi-catt | 2008-11-07 21:34 | 建物/町並み
出雲大社特別拝観
8/1日から17日まで、本殿の特別拝観が行われています。
次の公開は60年後!運良く声掛けてもらえて、観ることができました。
相方は初出雲大社。遠いしこういうことでもないとなかなか来られないしよかった。
d0060166_17305017.jpg
前回5月の公開の時は、整理券がなかったらしく、かなりの行列だったようですが、今回は事前申し込みもあり、テントで待機できました。
当日券も配布していましたが、10時半くらいですでに16時の券を配っていました・・・
待機テントは、お水としょっぱいおせんべい付(笑
この袴の人、神官なんだろうけど、綾小路きみまろバリのしゃべりで待機している人に案内。
なかなか面白い。
d0060166_1731964.jpg
やはりすごい人です。。。
いつもは、この門は閉じていて、横の格子から中を覗くだけだったけど、今日は入れる!!!
大社造、体感できました。
入り口が正面にそろっていなくて、ちょっと横に寄っています。
芯柱は直径1.1m!太!って思いました。
「大黒柱」はここからきている?!出雲大社にまつられているの、大国主命(大黒さん)だし・・
天井の八雲の絵、鮮やかで見事!
写真禁止だったのでおみせできませんが、とってもキレイでした。
普段公開していないので、当時の顔料がそのまま残っているそうです。
不思議な謎だらけの雲たち。。。いろんな説があるようです。
d0060166_17312514.jpg
裏側から。
すごい人です(笑
あのなかに、いたんだな、、としみじみ思いました・・・
d0060166_17314291.jpg

[PR]
by abi-catt | 2008-08-10 17:59 | 建物/町並み
出雲ドーム
先週の日曜日、日帰り出雲の旅強行!
片道5時間です・・・
出雲大社の特別拝観の予約がとれたということで声掛けていただきました。感謝。

ちょっと早く出雲の国についたので、出雲ドームをちら見。
低い建物とたんぼが広がる中、ぽつっと白いドームが。
出雲ドームは1992年4月29日、日本初の木造ドーム施設として開場。
躯体は直径140.7m、高さ48.9mで当時木造建築物としては世界最大級といわれました。
かなり目立ちます。
d0060166_171996.jpg
柱の接合部。かなり引っ張っているであろう鉄筋と、木を挟み込んだ鉄骨がすごいです。
外壁は、ポリカーボネートかな プラスチック系のルーバーです
d0060166_1712463.jpg
ドームの部分。
ガーベラの花のようです。
白いテント地の屋根がぼうっと光って明るいです。昼間は、曇りでも照明が要らないそうです。
このドーム。米国から輸入した約2,150m3の集成材で構成されています(驚
d0060166_1714121.jpg
入り口の庇がんばってます。
かなり大きく張り出しています。
d0060166_172656.jpg
みてのとおり、なにやら催し物。
消防車がたくさんいます。テンション上がりまくりです(笑
この地域の消防団の大会で、放水の時間と正確さを競うらしい。
d0060166_1722441.jpg
控えている消防団員とホース。
d0060166_1731094.jpg
ドームの中で放水(驚
「火」ってかいてある的に放水するのだとか。
d0060166_1732716.jpg
こんなところに!!な出雲ドーム。
なかなか見応えあります。

出雲ドーム
島根県出雲市矢野町999番地
[PR]
by abi-catt | 2008-08-10 17:26 | 建物/町並み
廃墟シリーズ:高松上之町C団地
突然始まった廃墟シリーズ。っていうか、人住んでますが・・
いつなくなるか分からないので撮っておく。
ちょっと、廃墟感を出すためコントラスト強めにしています。

かなり古いと思われる団地。2階建ての棟と3階建ての棟があります。
d0060166_17234195.jpg
この、煙突みたいなのがとっても気になる。
外壁の塗装面が、サビを感じます。
d0060166_17235587.jpg
低層棟は、2階も下と同じ家なのかな?
わりと部屋数があるように見受けられます。
d0060166_172491.jpg
良い感じの小窓。。。
外観こんなでも(失礼)中は改装してキレイだったりするんよねー。
d0060166_17242228.jpg


あびぃ、廃墟好き。
大阪にも日本橋の裏のあたりに古いアパート群があったのだけど、今は取り壊されてありません。
学生の頃はまだあったので、進入してぱちぱち撮っていましたが、当時30万画素のデジカメでMOに保存したため、今となっては読み出せず(泣
どこかでMO読める環境があれば出せますが・・・
長崎の軍艦島にいきたい。世界遺産に登録しよう、みたいな運動があったような記憶があるんだけど、あれはならないね。
[PR]
by abi-catt | 2008-07-25 17:34 | 建物/町並み
ヨドコウ迎賓館(山邑邸)
先週水曜日、beyouちゃんと芦屋探検☆
ヨドコウ迎賓館行ったことないから行ってみたい、とのことでお供しました。。
私は学生の頃と、4年前くらいに見にきたかな。。
フランク・ロイド・ライトというアメリカの建築家で、旧帝国ホテルやグッゲンハイム美術館を設計した人です。
木や石の使い方と地形を利用した豊かな空間がとっても魅力的な作風の建築家。
昔はミース・ファン・デル・ローエが好きだったけど、最近それを上回るライト好き。
d0060166_16232850.jpg
入り口付近。大谷石をふんだんに使っていて、重厚な感じです。大谷石って、さくさくしててもろい石なんだけど、そのラフさが重すぎずやさしい雰囲気を出しています。
d0060166_16235980.jpg
その向かい、海側に向かって開かれた空間。
緑とこのこじんまりさが素敵。
d0060166_1624565.jpg
2階(かなあ?)バルコニーからの眺め。は〜〜〜こういうとこに住みたい・・・・
d0060166_16233523.jpg
なかは撮影禁止だったので、撮れませんでした。。しっかりと目に焼き付けてきました。。。
建築学科出身の女子ふたり、きゃっきゃいいながらあーでもない、こーでもないとはしゃぎ倒す。不思議な光景だったかも・・あ、でも、そういうコ沢山ここに来てるだろうし、見慣れてるか(爆
d0060166_16234465.jpg
以前に補修したビデオが放映されていて、このあたりを職人さんが一生懸命石貼っていました。
再現するの、難しかっただろうなあ。
d0060166_16235156.jpg
内部の細工も凝っていて、でもこってりしてなくて、今、逆に新しい!と思いました。アールデコなステンドグラスとか好きなので、ちょうどライトが活躍していた時期と同じ!やはりこういうのが好きなんだわ、私。

見学し終わった後、JR芦屋駅周辺、壁の穴っていうパスタ屋さんにてランチ。
芦屋の街をぶらぶらしました。庶民にはほとんど縁のないようなとっても大きい民家がたくさん。。ため息出っぱなしでした・・・
[PR]
by abi-catt | 2008-06-13 16:41 | 建物/町並み
金閣舎利殿
ほぼ20年振りくらいに(笑)見る金閣
まぶしいです。。。。。世界遺産なだけあります。。
d0060166_1140846.jpg
樋が。。。。。屋根に水が落ちると傷みが早いので避けているのだけど、すっごく飛び出してて面白い。
d0060166_11401618.jpg

[PR]
by abi-catt | 2008-06-10 11:55 | 建物/町並み
石清水八幡宮(京都府八幡市)
別の用で高槻に行ったのだけど、閉まっていたので進路変更。
15日は記念日第二弾(w
香川の石清水八幡宮で挙げたので、同じ名前の八幡さんに来てみました。
同じ名前だからつながりあるんかなあ?と思って調べたら、香川のぶんのHPに、相傳ふ貞觀元年石清水八幡宮を男山に觀請の時、當國元山の卿を以って、神供料とす。故に此處にも社を建て1國これを崇信すと云ふ。とあったので、ここに来て名前決めたっぽいので、本家??なのかな?
d0060166_13491184.jpg
男山の上にあがるケーブルカーに乗って、上がります。。
歩いても上がれる高さなんだけどね^^;
しかも、裏の道から車でも上がれるんだけどね(爆
d0060166_13492140.jpg
なかなかの山です。桜祭り開催中でした。
藪椿もちょっと終わりかけだけど、たくさん咲いていました。
d0060166_13493215.jpg
上の広場にある、みごとなしだれ桜。ん〜キレイ〜〜〜^^
d0060166_1349428.jpg
本殿に向かう道。ぼんぼりがたくさんです。
夜キレイだろうなあ。
あいにくの雨模様でもわっとしています・・
d0060166_13495390.jpg
本殿、、派手です・・
HPによると、
現在の社殿は、徳川三代将軍家光公によって寛永11年(1639)に造営されました。桧皮葺きの本殿は前後二棟から成る“八幡造り”という建築様式で、その前には幣殿・舞殿・楼門と続き、周囲を180mに及ぶ回廊が囲んでいます。本殿をはじめ建物すべてが丹漆塗りで、随所に当時の名匠による極彩色の彫刻が刻まれている実に壮麗な社殿で、国の重要文化財に指定されています。また、本殿の棟の間に架けられている“黄金の樋”は、織田信長公によって天正8年(1580)に寄進されたものです。
ですって。
d0060166_1350263.jpg
ちょうど改修工事中。これはキレイだし終わったのかな?
d0060166_13501223.jpg
雨宿りしていると止んできたので、帰りは歩きで。
久々にこんな山歩いてます。楽し〜い。
d0060166_1350219.jpg
石清水社。その下に井戸があります。
d0060166_13503291.jpg
途中いろいろあったですが、下に降りてきました。。
街並み整備されているのか、石畳で古い民家がたくさんあります。
なかでも目を引いたのがこれ。
太鼓橋と古民家、菜の花が趣深いです。
まったりしていていいところです。
d0060166_13504195.jpg
観光マップを見ていると、いろいろ観光名所があるようで。
観光農園の梨の花が見頃らしいです(笑
もちょっと近かったら住むところリストにあがるんだけど・・て感じです。。。
[PR]
by abi-catt | 2008-04-19 14:26 | 建物/町並み
主計町(かずえまち)
ひがし茶屋街から駅に戻るのに、降りたバス停まで戻ると逆行するので次のとこまで歩こう、と川を渡り。
なにやら良い雰囲気の街並み発見!!
d0060166_2230937.jpg
加賀藩士・富田主計(とみたかずえ)の屋敷があったので主計町というそうです〜。なるほろ〜〜
平成11年10月1日、全国で初めて尾張町2丁目の一部から旧町名復活したそうです。同時に修景回復にも着手。
平成15年5月に市の伝統的建造物群区域として文化財に指定されました。
d0060166_22302337.jpg
川沿いに料亭が建ち並び、趣ありますな。。
d0060166_22303357.jpg
裏路地も気になり、入ってみた。
どこからか三味線の音が聞こえてきて、とってもいい雰囲気。
さすがにこういう花街では遊んだこと無いけど、楽しいんだろうなあ(笑
バブルの頃、鉄骨検査やサッシの製品検査だ、っていって金沢に行ってどんちゃんやってたって聞いたけど(私の世代はまったく恩恵を受けずw)こういうところで遊んでたんだろうか・・・(謎
d0060166_22304747.jpg
来るときに渡ってきた橋のほうを見返す。
水面に映った橋が静かに佇んでます。。桜並木、花の頃はキレイなんだろうなあ。
d0060166_2231136.jpg

***********
寄り道して小一時間。駅に行くんだった(爆
バスが見つからないので、尾張町商店街を通って歩こうってことになり、歩く。。。(意外と遠かった)
尾張町は加賀藩祖前田利家が出身地の尾張から呼び寄せた商人たちが住んでいたそうです。
この商店街、気合いはいってて、一品ミニ美術館という店の外から見える一角に、昔使っていた道具や日用品、家具は展示されています。

なかなかの洋館が残っています。
d0060166_22311162.jpg
木造なのに、っほんと背が高い建物。鉄骨造とおぼしき隣の3階建てと同じくらいあるです。
d0060166_22313091.jpg
石黒伝六という名前の薬屋さん。調剤薬局かな。
d0060166_22314683.jpg
途中、町民文化館という観光案内所みたいな元銀行の見学(一休み)をしてようやく金沢駅。。
駅がこれまた最近建て替えられたのか、ものすごい近代的で大きい。周りもビジネスホテルやビルが。
d0060166_2314126.jpg
歴史の色が残る地域と駅前のビル群。
わりとコンパクトな中心街にぎゅっといろんな要素が詰まっていました。
全体的にとっても清潔できれいな町でした。ゴミも落ちてないし放置自転車もない。
食べ物も美味しいしもっといろいろ見てみたい町です。
[PR]
by abi-catt | 2008-03-05 23:18 | 建物/町並み
ひがし茶屋街
金沢市内の歴史的観光スポットをぐるっと回ってくれるレトロなデザインの循環バスにのって。ひがし茶屋街に向かいました。
d0060166_2152394.jpg
バス停からすこし離れているようなので、詳しい地図もないまま、雰囲気だけでぶらり。
それっぽい町屋がみえてきました。
d0060166_21521819.jpg
おおーーーキタキタ!キレイな広場が。。。
若い女性の観光客が多いようです。
d0060166_21523126.jpg
加賀藩が文政3年(1820)に、この近辺に点在していたお茶屋を集めて整備した茶屋街です。
この街並みは五木寛之著「朱鷺の墓」の舞台としても知られています。
少し離れたところに記念碑もあります
平成13年11月には、国の重要伝統的建造物保存地区に選定されたそうです。
石畳とベンガラ色に塗られた長屋が独特の空気感です。
京都の町家とは違いますねー。赤いし建物の高さも高いし。
茶屋街というだけあって、茶店が多かったです。
内部を見せてくれる家もあったようですが、下調べ不足。。見られませんでした。。。
d0060166_21524268.jpg
アクセサリー&うるし食器の店の奥にあった金の蔵。。。。
ぴかぴかです!ストロボたいてしまったのでまぶし〜〜
さすが金箔生産量日本一の金沢。
d0060166_21525389.jpg
なんとなく、金沢の街ってどこにいっても豪華な感じがします。。
[PR]
by abi-catt | 2008-03-04 22:16 | 建物/町並み
近江町市場
金沢っ子の台所?!近江町市場。
6時までなのについたら5時半!(爆
d0060166_21165033.jpg
おおーー まだやってる。。よかったーー。。。
d0060166_2117292.jpg
と思いきや、半分くらいはおしまいモード(焦
しかーし。ここにきた目的は他でもない。
d0060166_21171241.jpg
かにさん!!!!!!(薄笑
うおーーーカニじゃあー(爆
とテンションうなぎ上り。。
d0060166_21172373.jpg
さすがに高い。。。。。。。
d0060166_21173389.jpg
かにさん、泡ふいてます。
d0060166_21174345.jpg
この泡ふいてるかにさんと通路はさんで横には、並んでいる甘エビにちょっかい出すかにさんもいました(笑
店のおばちゃんに、ちぇい!ってはさみ叩かれてました(爆
かにさん、ゲットしましたよ〜〜
休み前で閉まりかけの時間。ものすごく安くしてくれました。ラッキーw
カニさんにちょっかい出されてたエビちゃん(たまご付)おまけに付けてくれました。
カニは友達がうちに来る予定だったのでお鍋に、エビは朝ごはんのお味噌汁の具になりましたとさ。。
しっかり身が入ってておいしかったですー。
[PR]
by abi-catt | 2008-02-18 21:31 | 建物/町並み