毎日を、たのしもう。
abicatt.exblog.jp

あびぃワールドへようこそ♪猫・雑貨・グルメ・時々建築なゆる~いブログです。。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
ブログパーツ
ライフログ
最新のトラックバック
心と生き方を磨く名言
from 心と生き方を磨く名言
心と生き方を磨く名言
from 心と生き方を磨く名言
くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
オーダーの品 ④
from アクセサリーと雑貨のお店 g..
三徳山 三仏寺 投入堂(..
from ShopMasterのひとりごと
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:庭( 10 )
TAROの庭
岡本太郎記念館のお庭。別枠で紹介します。
このパワフルな庭、かなーーーり南国です。
TAROワールドへようこそ〜〜〜ん(笑
バナナの木やなんだかわかんない葉っぱがたくさんです・・・
このカオス感が素敵w
d0060166_2238623.jpg
白い石の彫刻。石とは思えない形とバランス。すごい。
d0060166_22382581.jpg
今回のお目当てはこの子!!!奥にひっそりと居ました。。。
名前忘れちゃったけど犬らしいです。背中にシダが植わっています。
植木鉢らしい(笑 うちに欲しい。。。
思わず、ミュージアムショップでこの犬の植木鉢のついたキーホルダー買ってしまいました(笑
d0060166_22384288.jpg
もひとり。ほおが痩けててなんだか笑えます。
d0060166_223932.jpg
「昼下がり」(そんな名前だったはず
頬杖ついて、ぼーーーーーーーっとしたかんじがまさに昼下がり。
こんな緑に囲まれて、ぼーっとしたい。。と思った作品。
d0060166_22392093.jpg
この庭鑑賞中にゲリラ豪雨に襲われ、ずぶ濡れになりました・・・
親切な美術館のヒトが、傘をくれました。ありがとう、ありがとう。。
[PR]
by abi-catt | 2008-09-18 22:49 |
竜安寺
おそらく修学旅行で来たであろう竜安寺。。記憶にございません(爆
というわけで、せっかく京都にきたんだし、寄って帰ろうと(方向全然違うけど)竜安寺に。
敷地内をいくと、一面の苔。うわーーきれーーーー
思わず触ってしまいました。もふもふでした(笑
d0060166_20394188.jpg
おおーーーー。渋い。。。
って、すごい人です(汗 縁側なかなか座れない。
塀の高さや地面の高さを奥に向かって低くしてあって、遠近感を出しているそうです。
こやって写真で見ると広そうだけど実際こんな広くない(爆
あと、石の数が違って見えるとか。なんかよくわからないけどすごいです。
d0060166_203956100.jpg
虎の親子だっていう説。
観る人の想像に任せているらしいですが、何にみえますか?
私は瀬戸内海に浮かぶ島。
d0060166_2040643.jpg
d0060166_20404120.jpg
おまけ。
裏に、屋根を突き抜けた松の木があります。
修学旅行にきていた学生になにやら説明しているタクシーの運転手さんが言っていました。。
d0060166_20405386.jpg
ん〜〜 モミジの緑がキレイーーーーー。
リフレッシュ、リフレッシュ、、な空間でした。
d0060166_2041392.jpg

[PR]
by abi-catt | 2008-06-09 21:07 |
金沢兼六園
お約束、兼六園。
水戸偕楽園(かいらくえん)、岡山後楽園(こうらくえん)とならぶ日本三名園の一つ、兼六園。兼六園は江戸時代の代表的な大名庭園として、加賀歴代藩主により、長い歳月をかけて形づくられてきた廻遊式の庭園です。

雪の兼六園が見たい&カニが食べたいツアーだったのを思い出した(笑
ええと、前日日中は、金沢に着いたのが昼過ぎ、そうこうしているうちに雪が雨になり、雪が無くなってしまったので、次の日にしたのでした。
夜の間に雪になって積もってくれるかな、って淡い期待を抱いて。
予想通り、雪がちょっぴり増えました。よかった。。。
とりあえず、一番近かった真弓坂口から入りました。。
d0060166_2114746.jpg

行きたいっていうわりに見所をよく調べず、けっこうがしがし歩いていたので、見逃しポイントもあるかもしれない(汗
なので、栗林公園バリに広いんだと思っていたら半分くらいだったので、また戻ったりしました(笑
d0060166_2046153.jpg
兼六園のマークにもなっている徽軫灯籠(ことじとうろう)
霞ヶ池の北岸に配された兼六園を代表する景観。徽軫灯籠は足が二股になっていて、琴の糸を支える琴柱(ことじ)に似ているのでその名が付いたと言われています。
この灯籠は水面を照らすための雪見灯籠が変化したもので、高さは2.67mあるそうです。
ん〜〜 すらりとしていて、なかなか足長さんですなあ〜(笑
d0060166_20461330.jpg
13代藩主・斉泰(なりやす)が近江八景の一つ、琵琶湖畔の唐崎松から種子を取り寄せて育てた黒松。
冬は積雪で枝が折れるのを防ぐための縄がはってあります。
街路樹にも至る所にしてあったなあ。
ほんと、立派な松です。
d0060166_2046245.jpg
花見橋。冬なのでなにもないですが、春にはサツキやカキツバタが咲き誇るらしいです。綺麗だろうなあ。
四季を通じて楽しめるようになっているようなので、他の季節にも訪れてみたいです。
時雨亭でお煎茶をいただきました。時雨亭からみるお庭も格別でしたよ^^
[PR]
by abi-catt | 2008-02-27 21:13 |
ミッドタウンの庭。
ようやく六本木界隈探索も最後です(苦笑
東京ミッドタウン。。。ヒルズよりこっちのほうが面白かった。
お正月だったので、獅子舞もいましたよ。もちろん、頭噛んでもらいました(笑
頭よくなったかなあ??(爆
d0060166_2391347.jpg
竹の植え込みのまわりがかっこよかったのでパチリ。
すっきりしてて良い感じです。ベンチをはさんでいくつかあって、いいリズム感生み出してました。
d0060166_2392472.jpg
裏庭?かな。銀の平屋のギャラリーがあって、遊歩道が整備されています。
この植え込みがクリーンヒット!!
夏はふつうに緑なんだろうけど、紅葉して真っ赤。赤い帯と緑の帯が目に鮮やかです。
植え分け方もしゅぱーっとしててかっこいい。
d0060166_2393569.jpg
お昼も回っていたのでどこかランチを、、と思い見ていましたが、どこも高い(泣
なので、カフェ併設のお総菜やさんでお買い物。
d0060166_2395873.jpg
ジャンバラヤです(爆
これを、寒い外のさっきの庭に面したウッドデッキで食す。
かなり美味しかったですよ。。すごいにおいだったけど(苦笑
お持ち帰りですか?何分くらいですか?と聞かれ、10分くらいかな、って答えると、はっとした店員さん、温めますか?と(爆
ナイス店員さん!
d0060166_23101168.jpg
そんなかんじで良い時間になったので帰路につきましたとさ。。
うーん 思い返すと六本木しかいってないな。。
[PR]
by abi-catt | 2008-01-25 23:25 |
府庁近くのポケットパーク
ちょっと前(っていっても7月ですが爆)に、所用で旧府庁に行ったときに見つけたポケットパーク。
コンペで選出された案だそうで。。
奥のベンチや茶色い壁のあるあたりに書いてありました。。
d0060166_2302875.jpg
なかなかいろんな植物が植えられています。
管理上のこともあるかも、だけど、煉瓦色のカラー舗装がビミョーですが^^;;
d0060166_2304349.jpg
キキョウが増えまくりでした。白いのもありましたよ^^
裏の駐車場のほうにもひろがっていて、そちらは芝生のちいさい山でした。
前面道路から駐車場が隠れていて、あまりみえないようになっていました。
d0060166_231766.jpg
用事なかったら、ここのベンチでぼえーーっとしてたのになあ(笑
[PR]
by abi-catt | 2007-10-10 23:08 |
神戸市立森林植物園
アジサイまみれになった神戸市立森林植物園の紹介〜〜
アジサイがメイン?みたいな植物園でしたが、よくみるといろんな植物が植わっています。
これは、入り口近くのメタセコイヤ並木。
とってすずしげです^^
d0060166_14234110.jpg
アジサイ園の奥にある、コニファー類の展示。
みたことない種類のがありました。。
ちょっと深緑の、白っぽい粉噴いたみたいなのが好き。
名前はわかりません(爆
d0060166_14235047.jpg
長谷池という池があります。芦がたくさん。
浅いところにはオタマジャクシがいました。
オタマジャクシ、久しぶりに見た気がします。。。
管理棟の近くの小さい池にモリアオガエルが居るそうですがこれは発見出来ませんでした。
d0060166_142408.jpg
d0060166_14241025.jpg
ちょっといったところに小さい島があって、橋がかかっているのですが、その下に鯉さんがいました。
最初、なんか、水面動いている!って思って見たが、何も見えなくて、ん〜〜〜?とよく見ると黒い鯉がたくさんいました。なにげにびっくり(笑
d0060166_14242164.jpg
睡蓮も咲きかけです。
d0060166_1424327.jpg
さらに奥に行くと、カモシカさんがいます。2頭。
雨なのでなんだか薄暗くて、これもどこに居るんよ?てなりました。
柵の中に生えている木の葉っぱをガード越しにもしゃもしゃ食べてはりました(笑
d0060166_14244346.jpg
中心に山田道という道があって、そこに出てみよう、と、歩いていると、すっごい山だといいうことに気づく(汗
d0060166_14245364.jpg
戻るのも面倒なので、そのまま進むと、森ん中に(滝汗
足、ぱんぱんです。。
d0060166_1425350.jpg
どうにか山田道に出て、そこからウサギ小屋に行こうと思ったら、下らなきゃならないらしい(爆
ここまでくれば勢いで(爆
ウサギ小屋、行きました。。写真、撮り忘れてます^^;;;

なにがある、ってわけでもない植物園なので(爆
散歩したり植物みたりするのが好きな人にはおすすめです。
のんびりできますよ^^
次回はお弁当持って行こうと思います。。。
[PR]
by abi-catt | 2007-07-07 14:38 |
「モネの庭」マルモッタン
高知県は安芸郡北川村にある、「北川村「モネの庭」マルモッタン」
土佐くろしお鉄道の東端の奈半利から山手に上がっていくと北川村がある。
室戸岬のまあまあ近くなので、けっこう遠いです。。

園内は大きくは花の庭と水の庭にわかれています。
これは、水の庭。。
モネの「睡蓮」の絵の中のようです^^とっても幻想的で素敵。
年間を通じて、いろんな花が咲き乱れます。
花の少ない冬でもいろいろ咲いているようです。
d0060166_19341757.jpg
d0060166_19343015.jpg
おやくそく、睡蓮。
蓮の花って、好き。
フランスから贈られた、青い睡蓮もあるようです。発見できませんでしたが^^;;;
d0060166_19344586.jpg
青いお花がたくさん植わっている花壇。
私のデジカメ、青い色に弱いので、青紫も青も同じに写る^^;
妙に派手になるのよね。。
d0060166_19345888.jpg
d0060166_19351519.jpg

[PR]
by abi-catt | 2007-01-12 19:46 |
地中の庭
直島は地中美術館のゲート手前。道沿いに100mくらいある地中の庭。

地中美術館HPより抜粋
------------------------------------
「地中の庭」は、クロード・モネが愛した植物を配した庭園です。
モネ自ら造園したジヴェルニーを題材として、モネが描いた作品、資料などを調査し、選定した約150種類の草花と約40種類の樹木が四季折々の表情を見せます。
「地中の庭」は、自然との対話を楽しめる場所であり、モネが描いた自然の美しさを、実際に体験することにより作品への理解を深めていただきたい、という思いが込められています。
------------------------------------
この遊歩道を歩き、水辺に写る植物たちを見ていると心和みます。
冬なので寒々しいですけど^^;そういや、ここ、暖かい時期に来たこと無い(笑)
d0060166_19455282.jpg
一番下の少し広くなったところ。
寒かったのに、いろんな花が植えられてます。
ケータイで写真撮っている人もいましたー。
d0060166_1946492.jpg

[PR]
by abi-catt | 2007-01-11 19:59 |
佛生山sora アジールの庭
高松市の仏生山街道沿いにある、民家を改造したカフェ アジールがあるのですが。
d0060166_167025.jpg

そこの奥の駐車場と、ギャラリーの間にモダン築山系(勝手に造語)の庭があります。
建物設計はアトリエ・ラウムさんなのですが、庭は??
d0060166_15504312.jpg
カフェ内部から。
こういうさっぱりした庭、好きかもー。
ちなみにランチは、スープ、本日の料理、サラダ、パンまたはライスにデザート、コーヒーがついて1000円、ボリュームたっぷりのコース2000円まで、昼食といえど本格的な内容、なのにとってもリーズナブルです。
オーナーがデサイナーというのもあって、こだわりが感じられるお料理です。
d0060166_15505432.jpg
ギャラリー内部から。
車がみえないようになっています。
d0060166_1551456.jpg

[PR]
by abi-catt | 2006-12-07 16:10 |
モエレ沼公園(札幌市東区)
ようやくメインイベント(笑)モエレ沼公園。。
「札幌市環状夢のグリーンベルト」構想の北部緑地の核となる公園で,ゴミ処理場として利用した後に公園事業に着手し、1988年(昭和63年)に、世界的な彫刻家イサム・ノグチにより基本設計が策定され、公園をひとつの彫刻とするダイナミックな構想により造成が進められ、2005年(平成17年)7月1日にグランドオープンしました。
アイヌ語の「モイレペツ 」(意:静かな水面・ゆったりと流れる)を由来とした地名「モエレ沼」から公園名がつけられています。

そもそも、北海道ツアーをしよう、となったのは、ここモエレ沼公園が昨年夏に完成してから観に行かなきゃねーってことで、晴れてそうな日で旅行代金の安い五月を狙ってきたのに、台風並みの風&雨。
吹き飛ばされるかとおもった。。。。寒いし。。。
皆で防寒着も兼ねて、ビニールのレインコートを購入。
パ○ウェーブばりの怪しい白い集団でした(笑)
d0060166_19541097.jpg
ガラスのピラミッド「HIDAMARI」
d0060166_19541915.jpg
うーーん 雨で日溜ってない(爆)
d0060166_19542827.jpg
ピラミッドの中には、イサム・ノグチの紹介図書や映像、あかりシリーズの展示があります。
d0060166_19543647.jpg
シースルーのエレベーターの壁に、レンズ状のなにかが貼ってあって、外を見ると面白いことになってます。
d0060166_19544572.jpg
モエレ山。。。標高62mです。。
カッパーズの約2名が・・(笑)
d0060166_19545340.jpg
暴風の中、頂上まで登りました。
追い風で登りやすかったんだけど(笑)
頂上はありえんくらい風が。。。雨が痛いよ^^;
なんとか踏ん張って撮った2枚。。あとは傾いていたりブレブレです(笑)
雨って写真に写らないからなー。。。すごかったんだよ。。マジで。。。。。
風に耐えるってこんなに疲れるのか、と思った。全身ぐったり。
スポーツジムで取り入れたらいいのに(笑)
d0060166_1955031.jpg
このあたりが最後に完成したところ(のはず)。
d0060166_1955858.jpg
噴水。
真ん中のが風で流されてます^^;
この左あたりで見ていたカッパーズの一員がずぶぬれになりました(笑)
ん~~ おいしいやん(爆)
d0060166_19551448.jpg
晴れた日にも一回来なくては。。。。
モエレ山登頂証明書買うの忘れたし。。


モエレ沼公園
札幌市東区 モエレ沼公園1-1
休園日: なし
入場料:無料
レンタサイクル有(2時間200円)
[PR]
by abi-catt | 2006-06-05 20:22 |