毎日を、たのしもう。
abicatt.exblog.jp

あびぃワールドへようこそ♪猫・雑貨・グルメ・時々建築なゆる~いブログです。。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
ライフログ
最新のトラックバック
心と生き方を磨く名言
from 心と生き方を磨く名言
心と生き方を磨く名言
from 心と生き方を磨く名言
くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
オーダーの品 ④
from アクセサリーと雑貨のお店 g..
三徳山 三仏寺 投入堂(..
from ShopMasterのひとりごと
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
黒ぢょか
d0060166_17465064.jpg
そろそろ黒ぢょかで飲むといい季節になってきました。これで飲むとおいしいのよ~~♪
黒ぢょかは、漢字で書くと「黒千代加」。さつま焼のまっくろ。
脚がついててちょっとかわいい。写真では分かりませんが^^;
直火(超とろ火で!)にかけます。家庭用コンロでは調整難しい。。チーズフォンデュ用のアルコールランプセットか、なんとか会席とかについてるちっちゃい鍋みたいなのに使う固形燃料とかのほうがいいかも。
事前に割り水することにより、焼酎と水が混ざり合って角がとれて、より旨みが増してきます。
一晩という人もいますが、個人的には3~5日くらいがいいかな。1:1で。
鹿児島では、前割りしたのを売ってるとか?!
でも、焼酎って、もともとはもっとアルコール度数高いから、薄めてるんだろうけど・・

「黒ぢょか」の名前の由来は、その注ぎ口がイノシシの牙に似ていることから「猪牙(チョカ)」と呼ばれるようになったいう説と、酒瓶の中国読みでチュカという言葉が琉球王朝時代の沖縄に酎家(ちゅうかあ)と呼ばれ、それが鹿児島の「ちょか」になったという2つの説があるようです。
この独特の形状は鹿児島のシンボル、雄大な「桜島」を表したものだとも言われています。

使用後は決して洗わず(洗剤やタワシの使用は厳禁です)、使い込んで陶器の微小空間に焼酎をしみ込ませ、水だけ温めても焼酎の味がするように使い込むのがよいそうです。
使い込めば使い込むほどに本格焼酎の持つ独特のコクと旨みが滲み出てきます。

燗する焼酎は独断と偏見でw「島美人」か「大黒」がいいけど、なんでもいいみたい。
くせのある系の芋焼酎のほうがあうかもしれないです。けっこうまろやかになるので、苦手な人でものめるかも。
飲みやすい焼酎は割ったら水みたいになるから、それはそれでロックで飲んで、てかんじ。

ああ、いつになく調べた。。。よく飲んでるけど、その由来とか知らなかったり。
黒ぢょか、けっこうネットでも売ってるようなので焼酎ブームに感謝、ですw
[PR]
by abi-catt | 2005-11-08 18:33 |